I MY WEEEEE‼

日常、猫、ゲームなど。ぐだぐだ書いてるだけなのです。

ブログ名を変更しました。
(旧名:ぶっとび作戦室)

2月3日。今日は節分。

いつからだろう。
スーパーやコンビニに恵方巻がある光景。
私の地元でも それが当たり前になったのは。

「こっちの文化じゃないからなぁ。食べる必要ないな」
と毎年思いつつも、父が食べたいというので、
他の家族もなんとなく毎年買って食べている。

おそらく父も単に「太巻き」が好きであって、
節分だとか恵方巻だとか、その辺のことはあまり深く考えてないと思う。

さて、今年私が食べたのは「恵方巻(エビフライ)」である。
2017020313
具がエビフライな太巻きである。


スーパーなどで「恵方巻」関連の商品を見ると面白い。
海鮮を巻いた一般的?な恵方巻もあれば、
こういったエビフライなどを巻いたものをある。
さらにいうと、恵方巻ロールといったロールケーキや、
恵方巻パン的なものまで売っていたりする。
なんでもありじゃねーか!

ところで恵方巻…
というか「節分に太巻きを食べる習慣」で食べる太巻きの具材は、
正しくは一体何なのだろうと疑問に思う。

何にせよ、クリスマスといいバレンタインといい、
日本人はアレンジするのが好きだなと思う。
日本人というか、商売を生業とする企業?

ただこの恵方巻における、なんでもあり感は嫌いじゃない。
祭り感があって結構好きだったりもする。

小学生の姪と話したところ、姪においては、
「チョコバットでもいいんだよ」と言っていた。
よし!みんな!来年はチョコバットを食べよう!


話は戻って恵方巻(エビフライ)。
2017020314
とりあえず半分に切ってから食べた。
切っちゃいけないらしいけど、そのままだと食べづらいからね。

今年は北北西を向いて食べればいいらしいが、
とくに気にせず、いつも通りの方向で夕食として食べた。

そして無言で食べるといいらしいが、
基本食事中はあまり喋らないので、たぶん無言だった。

結果、「恵方巻を食べた」というより、
ただ「太巻きを食べた」だけだった。

とりあえずエビフライの時点で、
縁起が良いも悪いも無いんじゃないかと思う。


余談だけど、恵方巻について調べるとなかなか面白かったりする。
関西のほうで節分に太巻きを食べるという習慣はある程度昔からあるらしいけど、
「恵方巻」という言葉自体はセブンイレブンが名付けたとかどうとか。

あと起源や発祥も諸説あり面白い。
ウィキいわく信憑性は定かではないらしいが。

そうそう。
説のひとつにはエロスを感じるものもありましたね。
恵方巻のこの全国的な普及の凄さといい、やっぱりエロって偉大なんやなって(えぇ…)
ただ、普及=親しみではないんだなぁって。

ふと思ったけれど、「節分に太巻きを食べる習慣」と「恵方巻」という存在は、
同じようで全く別モノなんじゃないか?
「節分太巻き習慣≒恵方巻」…
いや、むしろ「節分太巻き習慣≠恵方巻」かもしれない。
節分太巻き習慣は文化であり、恵方巻はただの商品である的な。


そろそろぐだぐだになってきたので、猫の写真を一枚どうぞ。
2017020307


とにもかくにも。
「恵方巻」という存在について色々思うところはあるけれど、
食べたい人だけ食べればいいんじゃないかと思う。(最後テキトー)

それと、自分の地元以外の風習や文化は、
その場所に足を運んで体験してこそ、
真に感動できるものなのではないかとも思う。

ということで、明日は豆まきの話をしたいと思います。
(なにが“ということで”なのか、これがさっぱりわからない)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット